ぼくでき学習塾経営とは?


お恥ずかしいブログになると思われます。

私が就職したときに始めたメルマガの内容となっております。

実践内容は2002年〜2003年くらいまでの学習塾経営のゼロからの悪戦苦闘の実践記となっています。

こんなものは、ハードディスクの中に葬り去ろうと思ったのですが、これから塾起業しようという方には、反面教師にでもなるかなと思って恥を忍んで、公開します。

途中からネタが思いつかなくなって、自分語りになり、塾経営とはまったく関係なくなり・・・やめました。

このブログでは、学習塾起業、学習塾経営に役立つメルマガを再編集して掲載しますので、お気に入りに入れておいてくださいね。

誰も教えてくれない「学習塾」の始め方・儲け方―開業&繁盛ノウハウ、塾経営のウラ側も手取り足取り教えます!!
誰も教えてくれない「学習塾」の始め方・儲け方―開業&繁盛ノウハウ、塾経営のウラ側も手取り足取り教えます!!


ぼくでき学習塾経営自己紹介中篇


誰も教えてくれない!ゼロ、いやマイナスから始める学習塾経営マガジン

『ぼくでもできた!学習塾大繁盛への道(実践中)』

塾経営の経験無し、社員歴なしの元警備員の男が、地方の傾いた塾を経営していく様を描く、現在進行中のメルマガ!!只今、悪戦苦闘中!?

=============================
■目次
 1.あいさつ
 2.『ぼくでもできた!学習塾大繁盛への道(実践中)』〜自己紹介中篇

=============================
1.あいさつ

 もうすぐ、10月ですね。体育祭、生徒たちはがんばっていました。でも最近、何か変なんですよね。ぼくらの頃って、体育祭は全員参加だったのに、今はスポーツのできる子だけが、走ったりしてるんですね。競争に関係のない競技には全員が出ていますが、かけっこ?には、全員でていない・・・ここは、社会主義国家か?と思ってしまいました(笑)

 資本主義社会は、競争社会なのに、それを訓練しないのはどういうことなんでしょう?学校という閉鎖された空間、あるいは、教師という非常識な人間を大人としてしか認識しない生徒たちにとって、学校って意味があるのかな?なんて思ってしまいました。まあ、親御さんたちにとっては、ハンディカメラで、お子さんを写すのに、夢中でしかないのでしょうが・・・

 9月で、会社員人生の幕が降ります。これから、SOHOとして諸先輩方にご指導いただこうと思っております。
 
 とうとう、独立化計画が、10月から発動します!!やった〜当面は、コツコツ日銭を稼いでいきます。

 それでは、『ぼくでもできた!?学習塾大繁盛への道』をお楽しみください。

=============================

 (前号までのあらすじ)
 フリーターのらんどく君。仕事を見つけるために職安に行った。自分の希望である、パソコン関係の仕事が収入面でマッチした。翌日、面接会場に向かう、らんどくに悪魔の触手が?!!いったい何がおきたというのか?


 面接会場に、自転車で向かったんですよ。日ごろ乗りなれていない、というか、家にあった折りたたみ自転車を勝手に使ったんですね。バイクで行けばよかったんですが・・・

 とにかく、暑いわけです。暑い、暑い、あつい、Atui〜スーツ着て、そりゃ、自転車こげば、暑いですよ。しかも、折りたたみ自転車ですから、タイヤが小さい。ちょっとお腹のでたオヤジが乗れば、サーカスでクマが乗っている自転車みたいなもんです。とにかく、上半身は、スピードに乗って、風をうけますが、下半身は水面下の白鳥にように、3倍速のように、こぎまくるわけです。

 ―まだ、時間があるし、近道でもしてみるかな・・・これが、大失敗の始まりでした。

 スイスイ、川沿いを自転車で走り、路地の方へと進みました。そして、車が通ることのできない路地裏?とでもいうような場所を自転車で進んでいきます。すると、なんと、何か変なんです!スピードがでない。しかも、フラフラする。で、スッ転びました!!

 路地裏の、駅の車庫みたいになっているところで、なんと、自転車のハンドルが取れたんです!!

 ―オ〜マイガッ!!

 大体、何でそんな大事な日に自転車のハンドルがとれるなんてことがあるんでしょうか?
しかも、ぼくは、近道をしようと、車がまったく通らない場所を通っていました・・・自転車のハンドルがとれ、必死に面接会場を目指すぼく。面接の時間は、14時からでした。ですが、ハンドルが取れて、人通りのあるところに出ていない段階で、すでに、13時45分・・・・。このまま自転車を捨てて、タクシーか何か拾えばいいのでしょうけど、あいにく1000円しかもっていない。しかも、国道、県道まで走っても、5分はかかる。5分+20分・・・・どうみても、面接には間に合わない。どうしよう〜、と思い、電話をかけました。

プルッ〜プルッ〜
「はい。〇〇パソコン教室です。」
「すみません。あの〜14時から面接する予定になっているものなんですが、後日面接ということにはしてもらえないでしょうか?」
「はいっ?後日。ああ、だったら、今回は無かったということで。ガチャッ!」
と真夏だというのに、ぼくには北風が吹いてしまいました。世間は冷たいものです。やはり、25歳過ぎて、フリーターなんかしているぼくにはどうしようもないのでしょうか?あああああああああ〜。

 この日、かなり落ち込んだぼくは、彼女に励ましてもらおうと思い、電話をしました。かくかくしかじかと事情を説明すると、一言。

「バカ?ネェ、らんどく君は、バカじゃない?ガチャっ!」

と、痛恨のダメダしを食らってしまいました。多分、そのときのぼくの顔は、ムンクの叫びみたいになっていたことでしょう。(泣)


(次回予告)自転車が壊れて、面接さえできなかったらんどく君。彼女に罵倒され、落ち込んだ心は、秋風五丈原!とうとう、運命の出会い、今の会社の面接が待ち受ける。どうなる?

ほとんど、この本を参考にして学習塾経営をゼロから実践しました。オススメですよ。(^з^)


「学習塾」の始め方・儲け方

 2003年09月29日号(3)再編集2009/12/21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。